【2018年11月】Macbook Air 2018をヤマダ電機で購入!

題目の通りです笑

今までは6年前に買ったdynabookノートをメインマシンにしていました。

しかしこのところ妙に重い!
ネットを見るのもブログを書くのもストレスがたまるレベルです。

もともと数年前から「Mac欲しいなー」と思っていましたが、
今回MacBookAirが大幅リニューアルされたのを機に購入することにしました!

今回は1番ロースペックの128GBを購入です。

特にPCには詳しくないので機種の詳細は割愛し、今回は購入するまでをレポート。

1.購入箇所の選定

一般にApple製品を買うに際し、購入箇所の候補になるのは次の3箇所だと思います。

①Apple Store
②Apple Storeオンライン
③家電量販店

①のメリット
 ・Apple直営店なので製品について詳しく相談しながら購入することが可能
 ・購入後のサポートもしっかりしている(らしい。。。)
①のデメリット
 ・店舗数が少ない
 ・基本的に定価での販売のみ

②のメリット
 ・家にいながら手軽に購入することができる(送料も一定の金額以上の購入で無料)
 ・チャット等で製品の相談も可能
 ・製品のカスタムも可能
②のデメリット
 ・実物を見ながらの購入ができない
 ・基本的に定価での販売のみ

③のメリット
 ・実物を見ながら購入が可能
 ・値引き可能
③のデメリット
 ・基本スペック製品のみの販売
 ・在庫数が直営店に比べて少ない(多分。。。)

こんなところでしょうか。

今回はなるべく安く買いたかったので③の家電量販店で購入しました。

2.家電量販店の選定

家電量販店といっても色々あります。
ヨドバシ、ビッグ、ヤマダ電気。。。
今回は上記3店舗をハシゴして値段を比較した上で購入しました。
(ヨドバシ、ビッグは秋葉原店、ヤマダ電気は秋葉原と池袋の2店舗に行っています)

まずはヨドバシ
価格は定価でした。ポイントは5%とのこと。
次にビッグカメラ
こちらも価格は定価です。ポイントも同じく5%。
両店舗とも在庫はそこそこあるとの事でした。

どこも同じかなーと思ってヤマダ電機秋葉原店に行ったところ・・・
価格は定価の1000円引き、ポイント5%での販売!
ここで決めようかと一瞬思いましたが、池袋の日本総本店が値切りやすい!笑
との情報を入手したため一路池袋へ。。。

結果から言うと、池袋総本店で定価から3000円引き+ポイント10%で購入することができました!
値引き額+ポイントで合計約15,000円近く安く購入できたことになります!!
販売開始から1週間経たずの商品をこの値段で購入できたのですごい満足です!

これから家電を買うときは池袋のヤマダ電機に行こう!笑

しかし、パソコンが変わったのでブログがすごい書きやすい!
これなら旅行記がどんどん書くことができそうです!

この記事へのコメント