【2018.12】帰省ラッシュ時期に行く群馬

しばらく更新していませんでした。
色々とネタはあるのですが、まだ調整中のため書くことができていません。
(1つはポイント活動関連です。あろうことかポイント不可判定に遭遇し、戦っている最中です笑)

12月はヨーロッパに行ったりしましたが、他ブログとの兼ね合いもあり書くことができず。。。

とりあえず年末の帰省ラッシュ真っ只中に群馬まで行ってきたのでレポートです。

目的地は群馬県前橋市。
東京から前橋に行く場合、新幹線に乗り高崎で乗り換えるか、そもそも在来線でそのまま行ってしまうか(本数は少ないが)、
楽に座っていける高速バスで行くか。。。といくつかルートがありますが、今回は往路:在来線、復路:新幹線を選択しました。

なお、当日の新幹線はほぼ満席&高速道路も渋滞が予想されるので、まぁ妥当な選択かなと。

いつもなら普通グリーン車で行きますが、たまたま臨時水上91号が走っていたので、こちらで行くことに。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b9.jpg

水上91号は上野駅始発ですが、今回は赤羽駅から乗車します。
赤羽駅からであれば、高崎、前橋までは100km県内なので、上野駅から乗るよりも特急券が安くなります。
そのため、私はもっぱら高崎線系統の特急に乗るときは赤羽駅から乗車しています。
※見辛いですが、発車案内には「水上」のみの表示でした。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5b7.jpg

車両はこちら。
少し前までは、水上郷は国鉄型の185系で運転されていましたが、最近(とい言っても年に数日しか走っていない)この651系に変わったそうです。
ちなみに今回はグリーン車に乗車。
100km圏内かつ繁忙期であれば、指定席料金にちょっとプラスするだけでグリーン車に乗れてしまうのでついつい乗ってしまいます。

乗車当日は指定席満席とのことでしたが、グリーン車には若干の空きがありました。
首都圏から群馬方面へ帰省する方には座席が取りやすい列車なのかもしれません。
(私も1週間前に指定席を取りましたが、2+1列の1列シートを取ることができました)

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5ba.jpg

車両の表示は「臨時」でしたが、車内の案内版にはキチンと「水上91号」と出ていました。
なお、上野から高崎までは、
上野、赤羽、浦和、大宮、上尾、桶川、熊谷、深谷、本庄、高崎
と同じ区間を走る特急「草津」に比べて、かなり頻繁に止まります。
(いつしかの快速アーバン並みですね笑)

そんなわけでほぼ乗った列車の説明になってしまいましたが、
快適なシートで群馬県前橋市(新前橋駅)まで移動することができました。

特急「水上91号」。繁忙期に新幹線が満席であれば、こちらの列車を探してみてもいいかもしれません。

復路に続く。

この記事へのコメント